スモールビジネスをどうしたら成功させられるかアイディア、モデル、事例をセミナーやホームページ上で紹介!コンサルティングを通して起業、開業、副業の実現を支援します!

起業モデル

起業モデル

レンタルスペースを運営するモデル

企業も出るの一ケースとしてレンタルスペース事業についてご説明致します。
レンタルスペースと一口に言っても現在では数種類あり様々なタイプのレンタルスペースがあります。以下はその例です。

  • レンタル収納スペース
  • レンタル自習室
  • レンタルオフィス
  • ダンスホール
  • レンタルサロン
  • 多目的レンタルスペース

ここではビジネスも出るとして様々なタイプのレンタルスペースをご紹介することにより考え方一つでいろんなビジネスモデルを構築できることをご説明します。

事務所やマンションなどたくさんの不動産が大変にたくさん供給されて居る為に日本中で空室率が上昇しています。

それのなかなか入居が決まらない不動産に付加価値をつけることにより需要をみたすサービスを創造する。これがレンタルスペース事業です。

レンタルスペースの種類

レンタルスペース事業とは空室なったマンション、事業用のテナントなどを様々な形にプロデュースし様々な形で貸し出します。以下がそのレンタルスペースの例です。

レンタル収納スペース

文字通り収納スペースやトランクルームを設備して一般のお客様に一週間~月単位で貸し出します。
物件所有者の方におすすめの投資方法です。
もちろん賃貸で借りた物件でレンタル収納スペースを運営している方もいらっしゃいます。

レンタル自習室

室内をブースで区分けしてデスクを貸し出します。
資格の勉強をする方やお仕事の書斎、小さな事務所の代わりなどに使われています。
契約期間は漫画喫茶やネットカフェのような時間貸しから数ヶ月単位でのご予約までと様々です。

レンタルオフィス

室内をいくつかの小さなお部屋に区分けして個室を作り、一人専用の小さなオフィスを作ります。
コピー機など事務用品を共有することにより借主のランニングコストを下げることが可能です。
契約期間は一ヶ月単位が多いようです。

レンタルサロン

ネイルサロンやエステ、整体、マッサージなど開業したてでまだ固定のお客様があまりいない方等を対象にしています。
まだテナントを借りるほどお客様がいるわけではないような方に借りていただきます。
契約期間は時間貸し~一日、もしくは決まった曜日のみのご利用などが一般的です。

レンタル会議室

机とホワイトボートなどを用意して会議室を時間により貸し出します。
物件オーナーなどでテナントの契約が決まるまでの間、空室時に会議室として一般に貸し出しをするケースなどが一般的に多いようです。
設備投資も比較的すくなく済みます。

ダンスホール

文字通りひろい室内をダンスホールとして一般の方に貸し出します。
時間貸しです。
ダンスの種類によりおく設備が異なる為ダンスをいくつかに特化するべきかもしれません。
またできればシャワー室などがあったほうがいい場合があります。
契約期間は時間貸し~一日、もしくは決まった曜日のみのご利用などが一般的です。

多目的レンタルスペース

上記の内容も全て含めて、お部屋を多目的ご利用下さいという形で貸し出します。完全個室を多目的に、各種イベント、パーティ、などにご利用に貸し出します。
他にも各種教室や各種店舗、サロンを自己資金ゼロで開業したい方、副業を始めたい方等に様々な方に貸し出し可能です。
また会議、ミーティング、セミナーに使うなど様々な用途に貸し出します。
特化できないですが様々な業種を取り込めます。

どれを出せばいいのか?

これだけたくさんの種類のレンタルスペースがある中でどれを出店するのがいいのか??

現在事業出店の際には場所、テナントの大きさ、近隣競合する業種など様々な検討をしたうえで以下の内容の中から最適な業種を選定致します。

また出店する際の初期費用もかなりの差があるためそのあたりも考慮した出店計画が必要です。

このように数種類あり物件や場所などによりどれにするかを選定します。

当社で出店している多目的レンタルスペースの場合

以下にはもう少し事業を掘り下げて検証するために、当社で運営する多目的レンタルスペース出店のメリット、デメリットを両方あえてあわせて公開します。なぜならビジネスには必ずリスクが伴うからです。メリットデメリットも判断しながら新たなビジネスの構築をしましょう。

多目的レンタルルームのメリット

  • 出店しながら近隣の需要を知ることができる
    出店後様々な業種の問い合わせが来るため、次にどの業態を出せばいいのかの計測ができる為二店舗目が出しやすい。
  • 初期費用が安い
    初期にかかる投資額は上記の多種多様なレンタルスペースの中でも費用が一番抑えられます。
  • 多目的に使える為お客様の幅が広い
    多目的に使えるため自分が考えてもいなかったような業種などの利用があります。
  • 一番投資リスクが少ない
    もしレンタルルーム事業を始めた場合基本はワンルームマンションなどでの投資をお勧めしています。そのため最初に出資する金額が低予算ですむというメリットがあります。

多目的レンタルルームのデメリット

  • 実際に運営可能な物件が希少
    物件を探すのが少し難しくなります。しかしこれはメリットにもつながり、近隣にあまり競合をしません。
  • 多目的なゆえに取りこぼしがある
    何でも大丈夫ですが設備にお金をあまりかけないため本格的なお客様は取りこぼしてしまう可能性はあります。
  • 最初のうちはお客様がなかなか増えない
    周知されてくるとかなり予約でいっぱいになりますがそれまで3ヶ月から6ヶ月程度はかかります。
  • 手間がかかる
    一軒一軒のお客様をすべて対応するため少々手間はかかります。

以上がレンタルルーム運営のメリットデメリットです。
ひとつのビジネスモデルとして情報を公開しましたが、さらに詳しくどのような事業にも当てはめて使えるのが当社のセミナーです。このようにご自身で様々なアイディアを構築するためにもぜひ当社のセミナーをご活用下さい!!

詳しくは⇒開業セミナー

a:463 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

);